スポンサーリンク

将棋:中学生プロ棋士について

2016年10月1日に、最年少(14歳2ヶ月)で将棋のプロ棋士になった中学生の藤井聡太四段が、どのような進路をとるのか注目されていましたが、この度、高校進学を決断したようです。

将棋の世界で、中学生でプロとなった棋士は、歴史上、藤井聡太四段を含めて五人にかいません。では、中学生でプロになった棋士達が、高校へ進学したのかまとめてみました。

 

  • 「加藤一二三(1940年1月1日 生)」 14歳7ヶ月 京都府立木津高校 早稲田大二文中退
  • 「谷川浩司(1962年4月6日生)」 14歳8ヶ月 滝川高校(神戸市須磨区)
  • 「羽生善治(1970年9月27日生)」 15歳2ヶ月 東京都立冨士森高校中退、通信制高校へ編入
  • 「渡辺明(1984年4月23日生)」 15歳11ヶ月 聖学院高校(東京都北区)
  • 「藤井聡太( 2002年7月19日生)」 14歳2ヶ月 名古屋大学教育学部付属高校へ

 

結果からみると、将棋界では、5人全員が高校への進学を決断しているようです。

 

囲碁界では、小学生プロもいます。

囲碁では、トップ棋士は15歳前後で、プロに成ることが多く中学生棋士は特に珍しいというわけではありません。将棋棋士より、低年齢でプロになるようで、小学生でプロ棋士になった例もあるようです。

 

  • 「井山裕太7冠」(1989年5月24日生は、12歳10ヶ月でプロ棋士となり、東大阪市立孔舎衙中学校1年生時にプロ入り。高校へは進学していません。
  • 「藤沢里菜三段」(1998年9月18日生)も、高校には進学していません。日本囲碁界で史上最年少記録となる11歳6カ月(小学5年生)で女流棋士枠でプロになりました。
  • 「趙治勲(ちょう・ちくん)二十五世本因坊、名誉名人」(1956年6月20日生)は、11歳9カ月でプロになり、一般棋士枠でプロになった最年少記録となっています。

 

囲碁界では、高校に進学せず、囲碁一本で集中していく道を選ぶこともあるようです。

その他の注目若手棋士

とりわけ、ずば抜けた才能の持主だと思われる棋士が二人います。今後、「井山裕太七冠」にどこまで迫れるか楽しみな存在です。

 

  • 「一力遼1997年6月10日生)」、2010年、東京都立白鴎高校付属中学1年時に初段プロになる。都立白鴎高校、早稲田大学社会科学科と進学しています。若手NO1の一力遼7段は、大企業一族の跡取りの一人息子ということもあり、棋士では珍しく大学に進学しています。
  • 「柴野虎丸(1999年11月9日生)」、2014年に初段でプロ棋士となる。第26期竜星戦で優勝し、史上最速で7段(18歳)に昇段しています。進学については非公表のようです。
スポンサーリンク
おすすめの記事